くせ毛の敵【頭皮の老廃物】をリンパに流そう!

リンパ管は老廃物を流してくれるホースです

リンパ管って何?
血管とは違うもの?

ここで、リンパ管やリンパ液という、聞いたことがあるけどよくわからないものについて、説明しておかなければいけません。

実は、血管とリンパ管はかなり混同して使われていて、何でも「血行」だと思われています。例えば・・・

世間ではよく「血行が悪くて手足が冷える」「血行が悪くて肩がこる」などと言いますね。実はこの2つ、前者は合っているのですが、後者は間違っているのです。

手足が冷える原因は「血行」ですが、肩がこる原因は血行ではなく、リンパ液の流れが悪いことから起こるものです。

肩こりとは「リンパ液の流れが悪く、老廃物を流すことが出来ずに肩に溜まったために起こるコリ」なのです。(肩こりと首こりを解消してくせ毛を治す参照)

全身に流れる水分は、血液の他にもう1つ、リンパ液がある

人間の体は60%が水分で出来ていますが、その水分を全身に流している管は血管だけではなく、実はもう一つあるのです。

それが今回の主役「リンパ管」です。血管とリンパ管は全身を網羅していますが、この2つは役割が異なります。家庭用水でいえば

血管動脈系は上水道
血管静脈系・リンパ管系は下水道

にあたります。

血管動脈系は
血液が流れていて、血液を通して栄養を供給し、酸素を供給し、水分を供給し、怪我した個所があれば治療する、まさに「体に必要なものを運ぶ」機能を持っています。

それに対して

血管静脈系は
血液が流れていて、主に水分と二酸化炭素を回収して運ぶ機能を持っています。

リンパ管系は
リンパ液が流れていて、リンパ液を通して体内の活動で出たアカやゴミを運び、侵入した細菌を退治して、リンパ節で濾過する、まさに「体に不必要なもの=老廃物を運ぶ」機能を持っています。

リンパ液の流れが悪くなる原因

原因①筋肉がよじれている
リンパ液の流れが悪くなる原因の一つは、筋肉がよじれていることによるリンパ管のよじれです。

水道のホースをイメージしていただけると分かりやすいと思います。よじれていれば、液体は流れにくくなるのです。

これは、血液の流れが悪くなる原因と共通しています。しかしリンパ液は、血液より流れが悪くなりやすい性質を持っています。理由は何でしょうか。

原因②運動不足
血液には心臓というポンプが存在していて、寝ていてもガンガン流れます。しかしリンパ液にはポンプが存在せず、各筋肉の動きをポンプ代わりにして流れています。

つまり、筋肉を使わない人=運動不足の人は、リンパ液の流れが悪く、体内のゴミを排出しきれず溜めてしまうのです。

原因③骨盤や骨格の歪み
骨盤や骨格が歪めば、筋肉が歪んでよじれます。
逆に、筋肉がよじれれば、骨盤や骨格が歪みます。

筋肉を伸ばし、骨盤や骨格の歪みによって、リンパ管がよじれて、老廃物を流し切れずに溜めてしまうのです。

くせ毛.netが自信をもっておすすめする 骨盤クッション
↓ ↓ ↓ ↓

さあリンパ管から老廃物を流そう

老廃物をためないことが重要

頭皮マッサージで、頭皮の老廃物を流すことによって、くせ毛が改善することは、既に述べたとおりです。

セルライトが、中性脂肪と老廃物が結合したものだと聞いたことはありませんか?そう、その老廃物こそ、リンパ液の流れが悪い溜まってしまった体内のゴミなのです。

くせ毛の原因は頭皮です」でも述べましたが、老廃物は便となって排出されるべきものです。

それが脂肪と結合して、燃えにくい(=痩せにくい)セルライトが出来てしまっているのですから、老廃物がたまることが、いかに体に悪影響を及ぼすかが分かりますね。

「太っている人の汗は何となく不快」これは、便となって排出されるべき老廃物が、長期間大量に留まっていることにより起こるものです。

それは汚いですし、臭うに決まっています。

くせ毛だけでなく、原因不明の頭痛、首のこり、肩のこり、脚が大根のように太くなる、顔がたるむ、これらも全部「老廃物がたまっている」ことが原因で起こるものです。

また、倦怠感、うつ、吹き出物、顔の肌の老化、原因不明の頭痛、偏頭痛の原因の多くが、頭部の地肌に老廃物がたまっていることが原因で起こるものです。

全身のリンパ液の流れを良くして、老廃物をためないようにすることが、いかに重要かお分かりいただけたと思います。

全身のリンパ液の流れを良くすることが、くせ毛克服の基礎となるのです。

老廃物を流す方法

では、リンパ液の流れを良くするためにはどうすればいいのか。
.歩く(運動する)
.マッサージをする(揉むのではなく流す)
.セルライトを揉みこむ(無理に揉むのではなく軽くゆらす)
.ストレッチをする(筋肉を伸ばすことでリンパ管を伸ばす)
.ヨガをやる(骨盤や身体のよじれを直すことでリンパ管を伸ばす)

1.2は緊急避難的な、その場でリンパ液を流す行為です。しかし、その場では流れても、また老廃物は溜まってしまいます。

は、セルライトのままだとリンパ管から流れないので、セルライトを中性脂肪と老廃物に分離するために行います。

4.5は、リンパ液が綺麗に流れる仕組みを作る行為です。根本から治すには、ストレッチとヨガは必須です。

ヨガをやってみよう

ヨガというと、皆さん腰が重くなってしまいがちです。しかし、ヨガは自宅でも出来ますし、1ポーズは15秒程度で終わります。

1日10ポーズくらいを目標に、出来れば毎日続けましょう。

根気のない人は、最初は1日1ポーズから始めて、毎日1ポーズずつ増やしていくと、10日目には10ポーズになります。試してみてください。

自宅でヨガをやるには、DVD付の本を買って、DVDを観ながらやれば大丈夫です。ヨガのDVDは本屋に売っています。

例えば、以下のような本ですね。
 

もちろん、ヨガは本格的にやればやるほど、効果は高いものになるので、ヨガ教室で習えば、より高い効果が期待できます。

ヨガ教室では、正しいポーズの取り方を教えてくれますし、呼吸法も含めた、より効果の高いヨガを教えてくれますので、通える方は、ヨガ教室がオススメです。

ヨガ教室がたくさん載っているおすすめのサイト
↓ ↓ ↓ ↓

全国展開の大手ホットヨガスタジオ
↓ ↓ ↓ ↓