くせ毛治療法その4 首こりを解消するリンパマッサージ

くせ毛治療法その3 首にたまっている老廃物(ゴミ)を流すマッサージ

首がこっていると、くせ毛が治らないことは「原因は地肌です」でもお話しした通りですが、首に老廃物(ゴミ)がたまったままでは、頭の地肌のリンパ液が首に流れません。また、首に老廃物がたまりすぎると炎症を起こし、首を動かしただけで痛みが走るようになってしまいます。首コリは必ず解決しましょう。

首の老廃物の流し方
1.首のつけ根に指先を当て、手のひらはそのまま首に当てます。
2.首の前方へ、あごの骨に沿って流していきます。

こする力は?
強くこすり過ぎると肌が痛みますが、弱過ぎると効果が薄くなります。気持ちいいと感じられる程度に、強さを加減してください。

首に吹き出物が・・・
地肌や首をこすって老廃物を流していたら、首に吹き出物が出てきてしまった!この方法は自分に合わないのでは・・・と思ったあなた、心配はいりません。この方法が合わないのではなく、大量の老廃物を頭から持ってきたために、首での老廃物の処理が間に合わずに、吹き出物となって表面に出てきたのです。

くせ毛.netが自信を持ってお勧めする、老廃物を深くえぐるローラー。

解決策は、とにかく首に老廃物をためないこと。どうしても気になる方は、先に首の老廃物を流してから、頭の地肌の老廃物を流し、首にたまる前に首の老廃物を流す、を繰り返すとよいでしょう。

こする回数は?
首のこりがなくなるまでです。もちろん4~5回こすったくらいでは、コリがなくならないのはもうお分かりでしょう。100回200回は最低こすってください。

100回もこする時間を確保するのは大変?
よく「そんなにやる時間がない」という相談を受けます。しかし私は断言します。「100回やる時間がない人など存在しない」

1回こするのに、1秒もかかりません。仮に1秒かかったとしましょう。100回こするのに何秒かかるでしょうか。100秒ですね。100秒とは1分40秒です。肩こりを治すために、1分40秒を取れない人がいるでしょうか。

例えば、10分1000円のマッサージ店の施術が無料で受けられるとしたら・・・毎日行きませんか?

そう、人間とは、自分で努力する時間は作れなくても、他人にやってもらう時間はいくらでも作ります。つまり「時間がない」とはやらないための言い訳に過ぎないのです。

そう、10分や20分の時間が取れない人などいないのです。あなたにないのは「時間」ではなく「気力」です。気力とは考えることです。考えるとは、脳細胞を動かして大量に酸素を使う「有酸素運動」です。つまり何かをやるという決断には脳を運動させなくてはいけません。

「100回やるんだと決心して、実行に移す行為」をスムーズに決断できる気力を持ってください。ほとんどの人は「どうしようかなあ、やろうかなあ」と決断するのに何分も使っています。挙句の果てに、何もせずに1日が終わってしまいます。1秒で決断して1分40秒やってしまった方が早いです。

時間がない、などと言い訳する自分から卒業しましょう。必ずやり遂げると決心してください。

気力が出ない日もあるでしょう。気力が有酸素運動である以上、脳細胞が疲労していては気力も出ません。7日続けて休んでしまった、こんなこともあるでしょう。人間ですから、完璧な人などいません。それなら、8日目にまた再開すればいいのです。決してやめないでください。やめない人、続ける人が、健康な地肌と直毛を手に入れることが出来るのです。

そして気力は、地肌の健康と大いに関係があります。地肌が汚れていたり、老廃物がたまっていたりすると、気力は低下します。そして、それが激しくなると鬱病になってしまいます。なぜなら、気力とは考えることであり、考えることとは脳細胞の有酸素運動であり、地肌や脳細胞が汚れと老廃物まみれでは、機能が低下するのは当然だからです。

老廃物を流して、髪も身体も心も健康になりましょう!
くせ毛.netが自信を持ってお勧めする、肌を若返らせる美容液。くせ毛治療の一助に。