くせ毛におすすめのボディソープ/石鹸

くせ毛に良いボディソープを選ぼう

くせ毛を治すためには正しいボディソープ選択も大事

ボディソープとくせ毛改善、全く関係ないように感じるかもしれませんが、実は意外と関係が大きいです。

身体は、悪いものが体内に入ってくると、あらゆるルートを使って体外に出そうとします。そのルートのひとつが、髪の毛です。

髪の毛は外に向かって伸びていますから、身体に悪いものを髪に押し込んでしまえば、髪ごと外に出ていく、という原理です。

麻薬が毛髪検査で検出される理由はここにあります。身体は麻薬を髪の毛からも体外に出そうとするわけです。

とはいえ、これでは、身体は綺麗になっても髪の毛は汚くなりますよね(^^)身体に悪いものが髪の毛に良いはずもなく、くせ毛改善にも悪影響が出ます。

ボディソープに、身体に悪い成分が入っていた場合、ボディソープを使って洗った部分から、悪い成分が体内に侵入します。

その悪い成分が、頭皮や髪の毛に溜め込まれることになる訳です。

ですから、身体に「悪い成分が入っていない」ボディソープを選ぶことが、くせ毛改善には大事なのです。

美容に悪いボディソープが
スーパーやドラッグストアにあふれている

身体を洗うものといえば、昔は石鹸しかありませんでした。

石鹸は紀元前2800年から人類が使っていて、つまり4800年もの間、淘汰されずに使われてきた歴史があります。

それは石鹸が、それだけ身体に害がない良いものだったからで、他のものを探したり、発明したりする必要がなかったからだと言えます。

しかし、経済が発達してくると「もっと売ろう」「もっと儲けよう」という企業のニーズが高まります。

さらに、化学が発達することによって、人工的に「より売れるもの」「より儲かるもの」を作る技術が発達し、「儲けたい」企業ニーズを後押しします。

そして、安全性は劣っても儲かる原料が開発されました。

売れる原料
「香料」いい匂いがする
「シリコン」手触りがツルツルする
「着色料」色が綺麗
「陽イオン界面活性剤」手触りが柔らかくなる

儲かる原料
「化学洗浄剤」原料が安い・早く大量に作れる
「化学保存料」原料が安い
「化学香料」原料が安い

そして、これら「美容に悪い」安くて劣悪な原料は、健康に害が出ない範囲でボディソープにドンドン投入されるようになりました。

石鹸より「手間がかからない」「安い」材料で、石鹸より売れるわけですから、真面目に石鹸を作るメーカーはどんどん弱小になり、大手スーパーやドラッグストアから消えていきます。

そして、世の中は身体に悪いボディソープであふれかえる訳です。

くせ毛に良いボディソープとは石鹸である

くせ毛に良いボディソープの原料とは

では、くせ毛に良い原料とは何か。

ズバリ、石鹸です。

正確に言うと「石鹸」と「アミノ酸系洗浄剤」ということになるのですが、ボディソープにわざわざ高額なアミノ酸系洗浄剤を使う意味が無く、ほぼ石鹸と言い切って間違いありません。

原料が石鹸かどうかは、成分表示を見ればわかります。

「石鹸素地」
「カリ石鹸素地」

この2つを洗浄剤に使っているボディソープは、石鹸系のボディソープです。

騙されるな!固形石鹸の形をしていても「美容に悪い」ものがある

皆さんご存知の通り、石鹸には「固形石鹸」と「液体石鹸」があります。そして、固形だと全て「石鹸」だと思い込んでいませんか?

だまされてはいけません!
「石鹸」に見えるその固形物、実は石鹸でない可能性があります。

「化学洗浄剤」ラウレル硫酸ナトリウムなどを固めて、固形にしたものが石鹸売り場に並び、流通しています。

包装には確かに「石鹸」とは書いてありません。
しかし「石鹸でない」とも書いてありません。

同じ固形洗浄剤が、石鹸売り場に並んでいれば、消費者は当然石鹸だと思い込むわけです。こうした企業側の悪意のあるやり方にだまされてはいけません

くせ毛.netが自信をもっておすすめするボディソープ

1.リセラベビー泡ソープ

2.クリアネオパール ボディソープ

3.ボディソープ シャボン玉/パックス